<   2012年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧
まほろ駅前多田便利軒
d0216986_10122581.jpg


三浦しをんさん「まほろ駅前多田便利軒」を読む。


第135回直木三十五賞受賞作品。
まほろ市駅前の便利屋「多田便利軒」。中年の便利屋の「多田」と、彼の元へ転がり込む「行天」。昔から親しい友人でもない彼らはちぐはぐで、人生において影を持ちどこか人生を捨てている二人。影を描きながら暖かい秀作。

高校時代、アクシデントで行天は小指を切断し縫い合わせて再生するが、大人になってもそこは冷たい。この小説のモチーフ「傷はふさがっているでしょ。たしかに小指だけいつもちょっと冷たいけど、こすっていればじきぬくもってくる。すべてが元通りとはいかなくても、修復することはできる。」
人生の再生、幸福の再生。


読んでいて気持ちがいい。
テンポであったり、文体であったり、言葉選びであったり。


他の作品も読んでみよう。




では!
[PR]
by fbmitu | 2012-09-28 10:17 |
ヤノマミ
国分拓さん「ヤノマミ」を読む。

d0216986_19501445.jpg


いや、すばらしい本だった。

人類学、研究者でない著者が。
生のままの人間として受信体となり、受けた印象や衝撃、垣間見たシーンを、
分かりやすく、正直な感想で文章にまとめている。


もし自分がいっても同じような感想、そこまで強く思えないかもしれないが
近いようになるのだろうと思う。だからこそわかりやすい。


ノンフィクションが好きな方には是非、っていうかけっこう読んでる人多いか。。。



話は変わるが最近ブログを書かなかったのは単純に忙しかったのと本を読みまくってたから。
その間にやはりアクセスが下がる下がる。非常にショックを受けた。


なのでもう少しペースを上げて書こうと思っている。


あともう一点、最近会うたびに「痩せたね」って言われる。
実際すこし痩せたので事実なのだが非常に嬉しい。

うそでもいいので言って下さい。




では!
[PR]
by fbmitu | 2012-09-25 19:55 |
毎度ながら
ただいま読書期間中の為、ブログを書く気力がとっても少ないヨシダです。

d0216986_1451782.jpg


日々、沢山のアクセスありがとうございます。

次の更新まで少々お待ち下さい。




では!
[PR]
by fbmitu | 2012-09-18 14:06 | 日記
FRISCO - Virtual Insanity (Rickie G)
夏の終わりにオススメしようと思ってた曲をすっかり書くのを忘れてた。




FRISCO - Virtual Insanity (Rickie G)

いわずと知れたジャミロクワイの名曲のカヴァーっす。
この曲のPVは当時衝撃を受けた。

夏の終わりのドライブなんかにちょうどいいんじゃないでしょうかー



ちなみにジャミロクワイの曲は96年発表だって!?!?
ヨシダは16歳。多感な時期である。


16歳の頃といったら初めてPHSを持ち出しつつポケベルでメッセージをやり取りして、
女の子とメッセージをするのにドキドキしてた。

プリクラが流行りだしそれも違う高校に通う友達に学年の女の子の写真を見せてもらい。
EGGやファッション雑誌のギャルを見てどの子が一番かわいいかなんて指差したりと
なにせ女の子のこと、というか正直なところはいかがわしい事しか考えてなかった。


まぁ今も似たようなところがあり、社会的にこれで大丈夫なのだろうか・・・?
というかこんなブログを社会に垂れ流しておいて大丈夫なのだろうか・・・?
急に不安になってきた。。。

ご先祖様ごめんなさい。ヨシダはあれからジャミロクワイの活躍から16年。
特に成長せずに日々をすごしているようです。





では!
[PR]
by fbmitu | 2012-09-13 18:31 | 日記
新選組 幕末の青嵐 抜粋
昨日紹介した 新選組 幕末の青嵐 

カッコイイ部分を抜粋したい欲が出たので抜粋します。

女性の書いた本っぽくない、とてもカッコイイ新撰組の方々です。




「私は、剣の勝負に勝って、でも『負けた』と思った試合がいくつかあるんです」
「それはね、自分の思った剣が振るえなかったときなんだ。
はっきりはわからないけど、『なんか違うなぁ』って思いながらやっている。
結果勝っても、それはやっぱり負けなんです。
勝っても負けているのは、負けるよりずっと辛いんだよなぁ。
負ければまだ学べるけど、ごまかして勝つと情けないだけだ。
自分ではない剣を使っても意味がないですからね。
もっとピーンとしていないと。それは勝負以前の問題かもしれないですけどね」

沖田総司



自分にはこれしかない」と思い込むことなど意味がない。
自分らしさは自ら決め込むものではない。
他人が勝手に判断すればいいことだ。

永倉新八


なにも持っていないということは、実は強い
こうした動乱の時期こそ、なにも持たぬ者からなにか生まれてゆくのかも知れない。

山岡鉄太郎



俺はね、近藤さん、自分ではなにもしないくせに、口先ばっかり勝手なことを言っている奴を一番軽蔑してるんだ。
そういう人間に限って、『やればできた』と言う。あとになってから言うんだ。
でも俺たちはちゃんと一歩を踏み出しただろう。無理だと言われたことをやり遂げた。
俺たちはなにも、恥ずべきことはないんだ

土方歳三


「・・・永倉のことはいいじゃねえか。新撰組を抜けることが、俺には考えられなかっただけだ」

「一匹狼だと思っていたが、どういう風の吹き回しだ」

「あんたにはそう見えたかもしれないが、そんなことでもなかったんだ
近藤さんやら沖田やら、他の連中のこともそうだが、あんたはこれと決めた他人のことは信用するくせに、
そいつから自分が信用されてるとは思えねぇんだな。
完璧に采配を振るうことだけが相手を救うと思っている。
采配なぞ間違っていても、自分の信じた奴がしたことなら、俺はどんな結果でも受け入れるが」

斉藤一


私はね、一番の剣客を目指していたから、人と立ち合って勝つことだけをずっと考えてきたんです。
でも、それだけじゃない、って最近わかってきた。
大きい世界に出て、いろんな人と会って、剣を十分に使って、経験を積んで、ちゃんと自分には剣があることがわかった。
頭じゃなくて、気持ちと身体ではっきりわかってきたんだよ。
だからもう、争わなくてもよくなった。人と争わないといけないような迷いは、もうないな。
だって自分に自信があるからね。
剣を極めるということは、もう斬らなくてもよくなるという事かもしれません

沖田総司



うーん、かっこいい言葉に溢れてること。


では!
[PR]
by fbmitu | 2012-09-12 10:09 |
新選組 幕末の青嵐
新選組 幕末の青嵐を読む。

d0216986_11201266.jpg


そんなに期待して読んだわけじゃなかったがこれがかなり面白かった。
ひとりひとりの視点で新撰組の歴史が細やかに、そして鮮やかに描かれている。

また、隊士それぞれの思いもわかりやすくスポットを当てているのがいい。
それぞれの想いや心理が交錯する中で紡ぎ出されたこの物語は、
新選組の全体像をくっきりと浮かび上がらせてくれる。


この物語は新撰組のことを
「こういう事件があった」よりも「こういう人物たちがいた」ことを、
リアルに感じられる。


ラストは圧巻。本当にいい小説に出会った。これは是非読んで欲しい。




では!
[PR]
by fbmitu | 2012-09-11 11:25 |
財布を新しくする事に致しました。
早い話財布を買いました。

d0216986_114856.jpg


RE.ACTの財布で色はグリーン、相当分厚く作られているので馴染むまで1ヶ月くらいかかりそうです。
しかしやっぱり財布を新しくするというのはいいですね。気分が

古いいらないカードとか整理する機会も出来ますし、ちょっとお札が少ないと
入れれるようにしよう!とか意識しますしね。

先輩から1年に一回は変えた方がいいよ、と言われて出来るだけそうしてるんですが、
こういう気持ちになるとまったくその通りだと思う。


さて、秋ですねー。紅葉が楽しみな季節です。




では!
[PR]
by fbmitu | 2012-09-07 11:54 | 日記
Luni
インフォメーション遅くなりましたが。。。。
Lakota周年にも来ていただいた岩崎さんと菊池さんのNewshopがオープンしてます。

お店の名前は『Luni 』です。


かわいいレディースのアイテムがたくさんありますので覗いてみて下さい。

http://lu-ni.com/


そしてそのお二人はアメブロ人気ブロガーです。
ブログも面白かったりセクシーだったりです。

http://ameblo.jp/shop-fraisier/


ヨシダも微力ながら応援しておりますー。




では!
[PR]
by fbmitu | 2012-09-05 18:46 | 日記
koboを使い続けてる。
koboを使って読書を始めて数冊分を読んだ。

機能的なところで不便は無いし辞書機能は非常に便利。
難しい言葉を長押しすれば辞書が浮かんでくる。

新書で買った際の写真が見れない(と思われる)のが残念。
海外ではカラーが販売されているが日本では白黒なので、まあ文庫本と思えば大丈夫。

とりあえず今の状況

・秘太刀 馬の骨    藤沢周平 読了
・玄鳥           藤沢周平 途中
・ヤマノミ  途中


って感じです。

問題はやはりkoboの品揃え、漫画が多い印象はうけるが
読みたい本を探してもとにかく売っていない。
今後改善していくと思うが、これは出版社の問題なのか??


ちなみに星野智幸さんの『俺俺』を前から読みたいと思ってたので
探してみたらヒットしない。
なので『俺 俺』とスペースを空けて検索してみたら最初に出たのが
『俺の姉ちゃんエロすぎなんです3 風俗嬢と姉ちゃんの寝とり寝取られ3P編』
がいきなり出てきて思わず買いそうになった。

ちなみにそこから11冊ほどはそんな内容だった。うーむー、これは戦略なのか?
とりあえずジャンル別に検索できるようにしていただきたい。
そうでもしないと誘惑に負けてkoboの本棚が学生時代の押入れの中の隠し本棚化していきそうでとても不安である。



では!!
[PR]
by fbmitu | 2012-09-03 19:13 | 日記