ロバート・キャパ賞といえばこれ
d0216986_20103942.jpg



昨日はロバートキャパの崩れ落ちる兵士のNHKの番組に思わず夢中になった。
沢木耕太郎推理ドキュメント「運命の一枚〜“戦場”写真 最大の謎」ってやつで

有名なあの写真についてCGを使ったかなり真実に近い推測なのではないかなー。

しかし写真の謎よりロバート・キャパの生涯の方が面白い。
結果的にあの写真が実際の戦場で無くても、彼が撮ったもので無くても、
すばらしい写真家だったと思う。


ロバート・キャパ賞というのが報道写真であって、その受賞の写真でも心に響いてるのが
上に載せてる『うち続く内戦に泣くボリビアの少女』
1980年デービット・バーネット撮影の写真。

少女の目に何が映っているのか、
現実が余りに切な過ぎて自然と流れ落ちてくる涙にも見えて、
こらえてるようにも見える。

この作品を見たときの衝撃と感動は忘れられないです。


物騒な世の中ですが、争いっていうのは形あるものや人の命だけでは無くて
築いてきた平和な生活、優しい心、
人のつながりなど、形のない、大切なものも無くすことがあるってことですね。

今一度、冷静に考えていかないかん世の中ですなーー



では!!
[PR]
by fbmitu | 2013-02-04 20:30 | 日記
<< 更新~! Lakota 新作のネックウォーマー >>