小川の辺
d0216986_2124620.jpg


小川の辺を見る。
基本的に藤沢周平さんの作品は必ず見るようにしています。


美しい景色に音楽もすばらしい。
寡黙で凛々しい武士の姿にも言う事は無い感じ。

原作で描かれた武士とは少し人間味を感じないところもあるが
あの映像と雰囲気では充分。

しかしながら全体的には藤沢作品に見られるような人間味や
佐久間森衛と田鶴にもあばら家に住んでいるような雰囲気が出てなかったことが残念。
着物も髪も綺麗すぎる。

こういうのは日本の戦争映画や時代劇でよくある風景ですね。
負け戦で何日も壕に閉じこもっていても来ている服がピカピカだったりする感じ。

どちらかというと映像と音楽で楽しんだ感はあります。

やっぱり山田洋次監督のイメージが抜けないなーー。藤沢さん作品は。。




では!
[PR]
by fbmitu | 2012-06-11 21:32 | 日記
<< こっそりと チャリティクーポン集計中です。 >>