笛吹川
d0216986_18563823.jpg


深沢 七郎 笛吹川を読む。舞台は戦国時代の甲斐。
「お屋形様」(武田家)との関わりで勝頼が死ぬまでの農民一家の物語。


深沢 七郎さんは初めてだったがとてつもなくいい小説だった。
久々にどっぷりはまって読み終えた。
いくさや洪水、お屋形様の関係でどうしようも無いことが気軽に起こり、
登場する人々が簡単に死んでいく。
そのわりにどこか客観的で傍観者のようなタッチで進んでいく。

自分達が生きている現代では、こういうどうしようも無いことが少ない。
いや、自分の周りには起こらないと思ってるからだろう。
しかし地震など、自分達に起こりうることがあるとわかっているからこそ、
異様な迫力があった。

深沢さんの作品を他にも読んでみたくなった。




では!
[PR]
by fbmitu | 2012-04-10 19:14 | 日記
<< 最近の衝撃から -FIVETEN- INSIG... >>